So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

うまくいかないそんなひは [絵本]

新生活が始まる季節ですね。進学、または就職した後は、思い通りに行かない時もあると思います。
そんな時に読みたい本がこちら↓です。




うまくいかないそんなひは じょうずなひとにきいてみよう
うまくいかないそんなひは すっきりさっぱりおかたづけ
うまくいかないそんなひは とりかえっこをしてみよう
うまくいかないそんなひは だれかのちからをかりちゃおう

そして、最後は、
うまくいかないそんなひは すてきなことがまってるよ
と。
 
などなど、シンプルだけど素晴らしい方法がたくさんのっています。
絵本ですが、大人が見ても十分楽しめる内容です。
これも大きなオチはないけど、面白いですよ。
nice!(1)  コメント(2) 

しろねこのハル [絵本]

今日は猫の日という事で。猫の絵本を紹介します。


しろねこのハル: 絵本








主人公の白猫のハルは自分を愛していませんでした。自分が白いのが気に入らないのです。
ハルはある日、外で遊ぶ猫たちを眺めていました。そんな時こっちに気付いた三毛猫が声をかけてきます。そして、話を聞いた三毛猫は自分の色を少しあげようとハルにすりすりします。
(当たり前ですが)ハルは真っ白なままでしたが、次第に笑顔になってみんなと仲良くなりました。
盛り上がるシーンや大きなオチはないのですが、心の温まるお話です。
そして、もし誰かが困っていたらこの三毛猫みたいに勇気をもって声をかけてあげられたらいいな、と思いました。

勿論、登場するのはすべて猫ですよ。主人公の猫は顔つきからしてエキゾチックショートヘアでしょうか。
nice!(1)  コメント(0) 

コロナウィルス [本以外の事]

今、コロナウィルスが猛威を振るっています。
今は用事がない限りは、街へ行かないようにしております。
そして富良野で、小学生の感染者が出ました。そこは観光地なので観光客から感染した可能性があります。
コロナウィルスで世界中が何らかの影響を受けています。勿論、日本も例外ではありません。
中止になったイベントも少なくありません。

今はドアの取っ手など、毎日触るものはアルコールで拭いています。
nice!(2)  コメント(2) 

泣いた赤鬼 [小説、童話]

今日は節分という事で、鬼が出てくるお話↓を紹介します!


泣いた赤おに 浜田ひろすけ童話集 (角川つばさ文庫) [ 浜田広介 ]








「泣いた赤鬼」。誰しも一度は聞いた事のある題名だと思います。
人間と仲良くなりたい赤鬼。家の前に、「心の優しい鬼です」と書かれた立て札を立てます。しかし、人間はみんな怖がって誰も近づこうとしません。そして、赤鬼は思い通りにいかない事に腹を立て、立て札を引き抜いて壊してしまいます。そこへちょうど仲間の青鬼がやってきて驚いてわけを聞くと、ある事を提案をしてきます。その提案とは・・・。

「よぶこ鳥」で、リスの目がくぼんで足としっぽが細くなって鳥になる描写は、自分が育てたヒナを待ち続けているうちに飢え死にしたリスの霊が飛んで行く様子を遠回しに表現しているのではないか、解釈してみたりもしましたが、声を聞いた人たちがいるということから幽霊説はナシ(笑)。もし幽霊だとしたら声すらも聞こえないから。

そして、感動したのは「りゅうの目のなみだ」です。人間から恐れられ悪者扱いされているりゅう。しかし、りゅうを怖がらない子供が現れて、りゅうを自分の誕生日に招待する、といい出します。で、最後にその子が満足そうに帰ってくるところが何ともいいですねぇ(笑)。

あと、貧しい親子とサンタさんのお話も面白いです。

「泣いた赤鬼」はいろんな出版社が出していますが、今回私が選んだのは角川つばさ文庫に収録されているお話です。表紙もアニメチックで男の子にも女の子にも見える赤鬼と青鬼が描かれています。

浜田 広介のお話は切ないけど、いいお話がいっぱいですね。
nice!(2)  コメント(2) 

王様カレー [絵本]

今日はカレーライスの日にちなんで、カレーが出てくる絵本を紹介します。



おうさまカレー(王様カレー) (プクムク絵本文庫)




カレーの好きな王様は国で一番おいしいカレーを作ろうと思い、国中のおいしい食べ物を集めます。こうしておいしいカレーができたものの、何かが足りません。
それから王様は、国中のカレー屋さん回って自分が求めている味のカレーを探すのですが、なかなか見つかりません。
そして、あきらめかけた時、森の中のお店を見つけました。そこで、おいしいカレーはあるかと聞いてみたら、「ありますよ」という答えが。しかし、それには条件が・・・。果たして王様は、おいしいカレーを見つける事が出来るでしょうか。

ちょっとネタバレになりますが、料理を作るには、ただおいしい材料をそろえればいいってもんじゃない!って事を教えてくれるお話ですね(笑)。
nice!(3)  コメント(2) 

明けましておめでとうございます [あいさつ]

明けましておめでとうございます。
今日は初詣に行きました。
お守りを買っておみくじを買いました。結果は小吉でした(笑)。

昨年も本をあまり紹介できませんでしたが、今年はで来るだけたくさん紹介したいです。
nice!(8)  コメント(8) 

かぐや姫 [絵本]

更新したくても、昔ほどのバイタリティがなかなかわきません。
さて、本題に行きますか。秋は月がキレイですね。ススキも出ています。なので、今の時季に相応しい本を紹介します。




かぐやひめ ~【デジタル復刻】語りつぐ名作絵本~








昔の絵本が電子書籍になって復刻した一冊です。古めかしい絵もなかなかいいものですね。
知っているとは思いますが、竹林でおじいさんに拾われたかぐや姫がやがて大人になって、最後は月に帰ってしまうというちょっぴり切ない物語です。千年も前のお話なのに何ともロマンチックですね。

十五夜が来る度に、「月にかぐや姫もいるのかな・・・」という話題も出てきたりもします。まさかそんな事は・・・、いや、そう思ったほうが夢があっていいですね。ただ、私が思うには、今いるかぐや姫は初代のかぐや姫(つまりおじいさん、おばあさんと暮らしていた姫)ではなく、何代目かのかぐや姫だと思っております。何しろ千年前ですからね。月の人とはいえそこまでは生きられないでしょう。
さて、秋の夜長と読書の秋を思い切り楽しみたいですね。
nice!(4)  コメント(2) 

時のオーブがあれば [ちょっと考えた事]

嫌な事件や事故が後を絶ちません。こうなると、被害者とその家族は勿論、加害者、及びその家族も不幸になってしまいます。
こんな事がある度に、「トゥルーコーリング」みたくその人が死ぬ前ちょっと前の時間に戻ればいいのに・・・。と思ったりもします。そして、被害者が死なないようにする。そして加害者も、人生をダメにしないで済む。

で、最近思う事があるのですが、(ドラゴンクエスト11をプレイした事のある方は知っていると思いますが)もし時のオーブがあれば、被害者(または加害者)の家族にそれをを破壊させて、事件(または事故)が起こるちょっと前の日、または事件のきっかけになった(たとえば、借金などの)出来事が起きる前に戻してあげたい。そうすれば、これから起こるであろう事件や事故を未然に防ぐことができる。

以下、ドラクエ11の時のオーブのエピソードです。ネタバレOKの方だけ見てください。

続きを読む


nice!(6)  コメント(4) 

小さな決心 [本以外の事]

久しぶりに投稿した訳をお話します。
まずは1つ目の理由。このブログを見てくれている人がいるんだ、と改めて知ったからです。だから更新しないと!と思ったのです。

私が住んでいる地域で、我が子を死なせた上に、猫を多頭飼い飼育崩壊を起こした2人組が逮捕されました。何で世話できない人に限って動物飼ったりするんだろう・・・。勿論、猫はちゃんとした団体に保護されました。

今月だったか、引きこもり気味の人が小学生たちを刺す事件がありました。その後に、引きこもりの息子を刺したという痛ましいニュースがありました。
最近は芸能人の闇営業もありました。
さらに、詐欺グループ(?)の宴会に、芸能人たちがお金を受け取って参加していたという話もありました。同じ世界で活躍している人たちもかなりショックを受けていました。詐欺グループが騙し取ったお金ですからね、みんなが怒るのも無理ありません。

こうして苦しんでいる人たちを助けるためにも、本を紹介しているんだ、という事を改めて思い出しました。それが2つ目の理由です。

そして、私はちょっとした決心をしました。1人でもいいから恵まれない人、または行き場のない人を助ける事。いや、たとえそれが人間でなくてもいい、小さな犬1匹でもいい。そう考えております。
nice!(3)  コメント(4) 

面白いほどわかる不思議な心理学 [心理学]

お久しぶりです。いろいろあって更新する気力が失せていました。。
今回は訳あって投稿しました。詳しい事は後でお話します。
まずはと~っても役に立つ心理学の本を紹介します!


面白いほどよくわかる不思議な心理学---世界一わかりやすくてタメになる入門書 (KAWADE夢文庫)

面白いほどよくわかる不思議な心理学---世界一わかりやすくてタメになる入門書 (KAWADE夢文庫)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2012/02/16
  • メディア: 文庫



最近、本棚をゴソゴソしていたら、この本が出て来たので、久々に手に取って読んでみました。
改めて読んでみると、なぜイヤな事があると八つ当たりしてしまうのか、なぜ「勉強しろ」といわれると勉強したくなくなるのか、ネットの掲示板がなぜ激しい言葉で埋まるのか、ストーカーの心理、坊主憎けりゃ袈裟まで憎い訳、などなど、誰しも一度は経験した事(または考えた事)のあるような話がたくさん出ています。それらを心理学を通してわかりやすく説明して行きます。

この本はまさに現代人にもピッタリです。あと、パワハラ防止やいじめ防止にもつながるかもしれません。
1家に1冊はおいておきたいですね(笑)。
nice!(2)  コメント(0) 
前の10件 | -